読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A mon seul desir

keni_wのアウトプット

myThings × SORACOM ハンズオンに参加してみて

soracom myThings

金曜日、ヤフー様にて開催された「myThings × SORACOM ハンズオン」に参加してきました。

soracom.connpass.com


myThingsについては、

SORACOM様のイベントでSORACOMチャンネルが出来ましたと聞いたことあったぐらいで、

どういうものかわかっていなかったので、

案内が来た時に、これは行ってみなければと参加した次第です。

ちょっと調べてみたら、「IFTTT」と同じようなものと書いてあって、

ちょっと感じをつかめました。

・・・とはいえ、IFTTTも、その前に参加したSORACOM様のRaspberry Piのハンズオンではじめて知ったぐらいなんですが(笑)

概要的には、上記リンクのページに概要があったので、引用させて頂きましたが、以下の通りです。

myThingsとは

ヤフー株式会社が提供するIoT組み合わせプラットフォームです。ユーザーはmyThingsアプリを通じて様々なWebサービスやデバイスを組み合わせて利用できます。 アプリ内で用意されたチャンネル はYahoo!天気・災害やYahoo!ショッピングといったヤフーサービスに加え、FacebookInstagramなどの人気のWebサービスやIoTデバイスなど45種類。 IDCFチャンネルを使って自作デバイスも組み> 合わせられます。 http://mythings.yahoo.co.jp/

SORACOMは以下です。

SORACOMとは

IoT通信プラットフォーム「SORACOM」は、IoT(Internet of Things)に不可欠な「通信」を提供するサービスです。SORACOM Air(データ通信SIM)を、 通信機能をもつモノ(センサーやゲートウェイスマートフォンなど)に挿し、だれでも簡単な設定で、モノにどこでもつながるモバイル通信を利用出来るようにします。 通信をユーザーコンソールや、プログラムから操作することができることも特徴です。 https://soracom.jp/


実際のハンズオンですが、

SORACOMとmyThingsの概要を聞いたあとは、

実際にアプリを使って、myThingsとSORACOMを連携させて見ます。

なお、以下のQiitaの内容に沿った形になります。

qiita.com

トリガーとアクションを決めるだけ。

アプリでポチポチ入力していくだけで出来ました。

結果は以下です。

※参加全員のものがみれます。

twitter.com

メッセージ変えたり、アクションを増やしたりしたところで、 ハンズオンは終了。

やってる最中に、 会場に設置してあった BOCCOというコミュニケーションロボットがTweetの内容を話すのが面白かったです。

グズグズやっていて、あまり進まなかったので、

せめて、中級ぐらいまでやってみたいと思います。


SORACOMチャンネル以外にも、Yahoo!自体のサービスや

TwitterFacebookなど連携できるので、

もっと色々なことができそうです。

また、ICDF Cloudチャンネルを使えば、自作のAPIとも接続できるとのことでした。

こういうサービスがあると、

従来何らかの実装が必要だった部分が簡単にできるので、

非常に便利に感じました。

(感想薄!)


最近、ハンズオンとか勉強会に参加して、

新しい技術に触れる機会が増えてきた気がします。

ただ、実際に使ってみないと、

身につかないと思うので、その辺は徐々に進めていきたいと思います。


最後にハンズオンを開催して頂いた、

SORACOM様

ヤフー株式会社様

に御礼申し上げます。